« 笑われてもそれが「武器」ならば | トップページ | 北上でカリスマスーパーに出会う »

京都に触れる

盛岡市内唯一の百貨店、川徳にはせ参じ、
物産展「京都老舗巡り」を探訪。

お茶、漬物、佃煮、ロールケーキ…さまざまな名物が並んでおり、大盛況。
前回も行ったのだが、そのときにはおいしい名物をあれこれ買ったはいいが
食べきれなかったり(コーヒーに至っては冷凍庫に入れたまま未だに飲んでいない)
したので今回は厳選して豆菓子を購入。

売り子のネクタイをしめたおじさんは確かに京都弁。
(物産展にはなんちゃっての店や店員がいると聞いてたので安心)

そのおじさん、
500円で1個○をもらい10個もらうとプレゼントに応募できるという
セール期間中有効な全店有効の応募用紙をくれたのだが、
800円くらいしか買っていないのに2つ○をくれた。

豆菓子もそうだが、お茶も漬物も佃煮もロールケーキも
正直どこでも食べられるのであまり京都という感じがしない。

この2つの○こそ、「これぞ京都!」と思った。

|

« 笑われてもそれが「武器」ならば | トップページ | 北上でカリスマスーパーに出会う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/6292257

この記事へのトラックバック一覧です: 京都に触れる:

« 笑われてもそれが「武器」ならば | トップページ | 北上でカリスマスーパーに出会う »