« 肌が弱い | トップページ | 紅林、民主へ »

旧地名

 7/22の岩手日報夕刊投稿欄に、高齢者の男性から「タクシー運転手は、旧町名を覚えてほしい」という投稿があった。

 いまでも中心部には「紺屋町」「住吉町」など住居表示が細かく分かれているところがまだ残っているし、モリオカンサイトでも、積極的に「紙町」「呉服町」「生姜町」などの(いまは住居表示に使われていない)地名を積極的に使用しているところがある。

 盛岡市内には「町名の保護」「旧町名の復活」に力を入れている人たちがいるし、全国的にもそういう動きがあるようだ(金沢市など)。

 個人的にはこういう動きにはあまり賛同を覚えない。どことなく「懐古趣味」的なものを感じるのだ。それに、『「××○丁目」より「△△町」のほうがわかりやすい』というのだが、「△△町」が増えればそれだけ覚える量が増えるわけで…。

 旧町名を使う有用性もあるだろうけど、「まあご勝手に」というのが正直な印象である。

 ただ、このお年寄りの投稿に関しては(普段は、高齢者の投稿に対し「またか」と思うクチなのだが)「なるほど」と思ったりもする。

 タクシーにとって高齢者はいいお客様。その高齢者は旧町名しか知らない。しかも新地名は覚えられない(苦笑)。むしろ、「旧地名を知っているタクシー」はアドバンテージになるかもしれない。

 冒頭の投稿者は「旧町名で行き先を言ってきた客に、『今は○○何丁目と言うのですよ』と教えてくれるといい」と書いている。そういうところから話が広がったりすると楽しいかもしれない。

 タクシー業界も大変らしいが、「ほかとちょっと違うタクシー」は顧客にとって大きな魅力となるはずだ。

 旧地名そのものよりビジネスチャンスに興味がある俺って、汚れてますね(笑)

|

« 肌が弱い | トップページ | 紅林、民主へ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/5370447

この記事へのトラックバック一覧です: 旧地名:

« 肌が弱い | トップページ | 紅林、民主へ »