« 梅雨で寒い7月 | トップページ | ベイスターズとTBS »

彩VSあややに割って入るあの男

 日経新聞によると、ゼビオ(福島県)は収益性の低い紳士服・書籍販売事業を9月1日付でアオキインターナショナルに売却すると発表したそうだ。今後ゼビオはスポーツ・婦人服部門に特化するという。
 全国的に見れば安売り紳士服では「洋服の青山」「コナカ」「はるやま」に次ぐアオキであるが、北海道には札幌に3店舗、東北には仙台地区に2店舗があるのみで、手薄な状態だ。
 いっぽうのゼビオは紳士服の店舗を北海道・東北に10店持っている。以前はもっと多かったのだが、競争が激化したことでゴルフショップに業態転換するなどして店舗網を減らし、現在は北海道に5、岩手に1、福島に4店舗があるのみ。

 利害が一致した今回の買収であるが、これでアオキは岩手・福島に進出。北海道の店舗も一気に獲得することとなる(商圏重複によるスクラップ&ビルドもありうるが)。わが岩手は盛岡上堂店1店舗のみとやや心もとないが…。

 少し前に、紳士服店のCMにおける「彩VSあやや」というのが話題になった。「洋服の青山」の松浦亜弥、「アオキ」の上戸彩。岩手では青山は9店舗あり、松浦亜弥の「青山の軽量スーツ」CMもたくさん流れたが、アオキのCMは当然ながらまったく放送されなかった(全国ネット番組のタイムCMをのぞく)。

 これで岩手でも「彩VSあやや」かと思われたが、一番多く流れているのは「ヒロシ」が出ている「コナカ」のCMだった…。

|

« 梅雨で寒い7月 | トップページ | ベイスターズとTBS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/4979398

この記事へのトラックバック一覧です: 彩VSあややに割って入るあの男:

« 梅雨で寒い7月 | トップページ | ベイスターズとTBS »