« やじうまプラス | トップページ | 大江戸捜査網のテーマ »

福沢朗アナウンサー、退社

日本テレビの福沢朗アナウンサー(41)が退職しフリー宣言。
まあ、Xデーが来たということか。
これまでは「フリーでしょ?」と聞かれると否定していたが、
やはりここ数年は意識していたようだ。

最近は冷遇されていたイメージが強いが、
足場固めをしていたといったところだろう
(まさか、局側がバックアップしていたわけではないだろうが)。

福沢アナウンサーは早稲田の演劇部(久米宏もOBである)から、日本テレビ入り。
プロレス実況においての「ジャストミート」の決めゼリフで注目を浴びる。
その後日テレの先輩、福留功男の番組「ズームイン!!朝!」
「アメリカ横断ウルトラクイズ」「高校生クイズ」を相次いで禅譲される。
最近は「ズームイン」「高校生クイズ」を後輩に譲り、
スペシャル番組の司会などで登場する程度になっていた。

芸達者な印象が強いが、まだ入社したての頃の番組「週刊文珍」で、
(あえて)無表情でニュースを読み、桂文珍につっこまれる姿を記憶している。
それがプロレスで突如「絶叫実況」をこなすようになり、
最近は落ち着いた司会ぶりが定着している。
また、(他局のマネではあるが)舞台にも挑戦。

「無表情」「絶叫」「落ち着いた司会」「舞台」。
さまざまな顔を持つ男だ。
いま日テレでやっている番組は継続の意向を示しているが、
おそらく他局からの引き合いもあるだろう。

しかし男性フリーの世界は意外と大変だ。
福留功男、徳光和夫、みのもんた、久米宏、古舘伊知郎、
小倉智昭、草野仁、森本毅郎と
売れっ子司会者であり続ける者も多くいる一方、
千田正穂や佐藤充宏、中村克洋、小島一慶、梶原しげるなど、
フェードアウトし講演やナレーションに専念したり、
地方に舞い戻ったりする者もいるし(生島ヒロシも微妙にこのラインか)、
宮川俊二のようにタレント活動に活路を見つけている者もいる。
成功はしても、逸見政孝のように体をこわしこの世を去るほど多忙になる者もいる。

福沢がどのグループに入るのかはまだわからないが、
いろいろな引き出しをもつこの男に
暗い結末を用意するのはまだ早そうだ。

|

« やじうまプラス | トップページ | 大江戸捜査網のテーマ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/4118186

この記事へのトラックバック一覧です: 福沢朗アナウンサー、退社:

» 福沢朗アナ日テレ退社 [アスピリンカフェでちょっと一息]
福沢朗アナウンサー、日テレ退社しフリーに (朝日新聞) - goo ニュース 日本テレビのアナウンサー福沢朗さんが6月末で退社身すると発表した 退社後は制作会社「イースト」と契約を結びフリーで活動 具体的な仕事の内容は決まっていないが、現在担当している番組は そのまま続けるという 徳光和夫氏、福留功男氏と歴代のズームの司会者は退職して フリーになっていますね って事は次は・・・・・・・・・・・ 福澤一座はどうなって�... [続きを読む]

受信: 2005.05.15 05:40

« やじうまプラス | トップページ | 大江戸捜査網のテーマ »