« 伝説のサイトが帰ってきた | トップページ | おしり女に春を見た »

仙台

今春より東北地区のテレビ朝日系でスタートした「土曜のてっぺん TVイーハトーブ」。
制作は仙台の東日本放送。
東北地方の情報を、VTRを織り交ぜながら送る生放送。
昨年まで放送していた「八波一起のTVイーハトーブ」の続編的内容となっている。

VTRの合間にスタジオMCが出てくるのだが、
MCはタレントの「見栄晴」と、東日本放送の女性アナである。

気になるのが、この「東日本放送のアナ」を起用している点である。
「TVイーハトーブ」でもそうだったのだが、
やっぱり仙台のテレビ局は偉いんだぞ、と言外にいわれているようで気になるのだ。
いちおうネット局のアナウンサーもVTR説明のためにスタジオに来るのだが
各県持ち回りのため、6回に1回しか出演しないことになる。
それなのに仙台のアナウンサーはMCとして毎回出演することになる。
アナウンサーは各局にいるのだから、
「東北の番組」を標榜するのなら平等に扱ってほしいのだ。

番組の元締めが仙台のテレビ局であることに異存は全くない。
やはり東北の中心地であるし。
MCに局アナを起用するのもある意味当然ではあるのだが、
どうしても「宮城は特別扱い」的な印象を受け、
岩手県民としては、少々納得いかないところである。

|

« 伝説のサイトが帰ってきた | トップページ | おしり女に春を見た »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/3667796

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台:

« 伝説のサイトが帰ってきた | トップページ | おしり女に春を見た »