« LOVE IS EVERYTHING | トップページ | ドンキホーテ »

マリオネット

フジのTOBが成功した(ライブドアにあんなに買われたのにねぇ)と思いきや、
今度は新株発行権差し止め仮処分請求が地裁によって認められた。
「勝者」があっち行ったりこっち行ったり。

やいのやいのとはやし立てる他メディア。
「堀江社長を支持する声が多い」世論調査が躍る。
最初は堀江社長をいぶかっていた連中が
ここへ来て一斉に「もうフジも抵抗しなくていいんじゃないか?」
と白旗を揚げさせようとしている。

先日のニュース番組では司会者が
「もうこの際インターネットとテレビを融合させてみるのも面白いと思うんですがねぇ」と
軽薄に語っていたが、そんな単純なものではない。
そもそも堀江社長は今のメディアを否定する発言をしているのだから、
買収が成功した暁には「融合」と称して、
ぐちゃぐちゃにいじられてしまう可能性もある。

他メディアが一斉にライブドア優勢のように伝えはじめているが、
障壁も残っている。
ライブドア側もフジサンケイ側も、
現在のところ、お互いに事態が打開できずに、
落としどころをはかりつつあるように見える。
堀江社長は「どうだ買収だ!」と鼻息が荒かったかと思いきや
「私どもは大株主ですからまず提携しましょうよ~」とトーンダウン。
日枝会長は「提携にメリットがあれば、話し合いしてもよい」と言い出した。

ただこれも深謀遠慮の末に言っていることで
腹の奧では考えは何も変わっていないのかもしれない。

「若い奴なら変えてくれそう」「一回任せてみたらええやんか」なんて
外野は単純に言うが、買収した後どこをどう変えるのかが最も重要なのであって、
それをはっきり言わない現状では
「やっぱりマネーゲームか」と思ってしまうのだ。

事情をわかりにくくしているのが、堀江氏のパトロン、外資である。
ジャブジャブとカネを注ぎ込むさまを「魔術」にたとえる人もいる。
堀江氏を「ウラがない」といって褒めている人たちがいるけれど
肝心のところについてはこれは当てはまらない。
堀江氏は単なるマリオネットではないかという懸念も残る。
なにしろ、ライブドア自体が外資に買収される可能性もあるという。

フジサンケイ側は案外単純で「できれば喰われたくない」の一心なのだが
ライブドアは「買って将来何をしたいのか」も分からなければ
「ほんとうに自分たちの意向なのか」も分からない。

「市場経済なんだから、買ったほうがとやかく言われるようでは
海外から嫌われる」…じゃあカネのある奴が勝ちか。
日本はどんどん「外資」に喰われていくだろう。

あっち行ったりこっち行ったりしている「勝者」は、
案外最初から「外資」なのかもしれない。
きゃつらは日本のメディアがどうなろうと知ったこっちゃない。
「儲けるが勝ち」なんだから。

|

« LOVE IS EVERYTHING | トップページ | ドンキホーテ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリオネット:

» ライブドアの仮処分申請が認められ新株予約権発行差し止めに [星を見る人]
総合株数を増やしライブドアの比率を下げる作戦に対し ライブドアが「支配権維持のために株を増やすのは不公正だ」と 新株予約権の発行差し止めを求めた仮処分申請で... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 22:56

« LOVE IS EVERYTHING | トップページ | ドンキホーテ »