« TVチューナーにがっかり | トップページ | LOVE IS EVERYTHING »

堀江社長は人としてどうなのか

 どうも「ライブドア派」が増えているようだ。
 テレビ朝日の世論調査では、「ライブドアを支持する」と答えた人が、フジサンケイを支持すると答えた人の数を上回っているという。
 強引な買収に対し、「目には目を」とばかりに無理のある対抗策を講じたフジサンケイに対し、嫌悪感を抱いた人が多いのだろう。同業者がおもしろがって堀江社長を画面に出し、はやし立てるほどに、人々は「言ってることはようわからんが、こいつにいっぺん任せてみたらどうだ」と思い始めているのかもしれない。

 堀江社長の経営手腕やビジョンの確かさを褒めたたえる向きもある。ブログ界では有名な某新聞記者も、連日彼のことを優れた経営者として持ち上げている。
 確かに堀江社長の語るメディア像については絶対間違っているとも言えないし、今回の騒動がマスコミや株式市場、企業経営のあり方まで、幅広い分野に一石を投じたことは否定できない。

 しかしだからといって「フジサンケイはおとなしく降参すべき」なのだろうか。

 個人的には彼のことを「人としてどうかな?」と思っている。時代の寵児となった、堀江社長そのものについて考えてみると、彼が巨大企業グループのトップに立つことが、果たしてほんとうにいいことなのかどうか、考えさせられる。
 「恐るべき子ども」と評した記事も読んだが、「子ども」のような人間に人生を動かされる身になったら、と思うと空恐ろしい。

 堀江社長は、買収成立後のニッポン放送についてリストラはしないが給与体系を変える、と言う。要するに「コストカットのために、給料を下げる」ということだ。
 確かに、マスコミの高給取りぶり(それと傍若無人ぶり)には一言言いたいとは思う。だが、六本木ヒルズに会社も自宅も持っている人物に、いきなり「あんた役立たずだから給料下げるからね」と言われて承諾できるだろうか。
 「リストラはしない」というし、この不景気に、甘受せざるを得ない面もあるかも知れないが、将来を見越して家を建て、ローンを組んだ人もいるだろう。そういう人々を路頭に迷わせるのか。リストラ同然だ。

 高い部屋からきれいな夜景を見ていると、人の痛みなど分からなくなるのだろうか。いや、そもそも彼には人の痛みを思いやる行為すら「無駄なもの」でしかない。彼にとってはすべては「実力」であり、「カネ」なのだから。

 そういう意味では、堀江社長はもっとも人間らしいのかもしれない。もっと言えば「動物的」か。動物的カンで富を生み出し、動物的な競争に勝ち抜き、人々を動物的に争わせ、生かすものは生かし(たとえばライブドアの熊谷副社長)、それ未満の人間はそれ相応に扱う。

 先の見えない時代。弱肉強食の世界で勝ち抜くためには給与体系もギチギチの成果主義にして争わせる…納得できる面はあるが、強引さも感じる。今回の買収劇も、あまりにも強引すぎやしないか。

 堀江社長が苦境に立たされている場面を「出てくる杭を打つムラ社会の弊害」と評するブログもあるが、企業買収の本場アメリカは弱肉強食の最たるもので、「人間差別」に関しては超一流(?)の社会ではないか。
 それでもアメリカンスタンダードはグローバル化社会の進む世界を強烈に覆う。堀江社長はまさにそれを持ち込んだビジネスで成功を収めてきている。
 日本もそういう社会になるのだろうか。ほんとうにそれが日本という国に似つかわしいことなのか。

 別にニッポン放送やフジテレビのヘッドたちのほうが立派だ、とは思わないが、堀江社長の言動を見るにつけ、「こんな人物にニッポン放送を、そして明日の日本のメディアを任せていいの?」と思うのである。
 それでも、ライブドアがTOB中のニッポン放送株式をスルスルと購入していく様を見ていると、いよいよニッポン放送は堀江社長のものになりつつあるのが分かる。堀江社長は「命がけです」とは言うけれど、企業買収というものが、「いとも簡単」に見えてくる。従業員にとっては一大事なのに。

 これからは「恐るべき子ども」でさえも、能力さえあれば富も人間も握ることができる時代になるのか。

|

« TVチューナーにがっかり | トップページ | LOVE IS EVERYTHING »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
この件があるまでは堀江社長を応援しておりました。この1件があってからこの人はどういう人間なのか知りたくて著書も読みましたが「人の心はお金で買える」「女はお金についてくる」「命の次に大事なのはお金」という考え方にはどうしても共感したくありません。
こういう人間の支持者がたくさんいること事態、世界が闇の中へ向かっている事への序章ではないかと感じるほどです。過去をみても、人を欺いたり闇討ちをしたりする人間を歴史は許してはいません。

投稿: タカボンのパパ | 2005.03.14 12:54

日本がアジアで、又中国で、製造業において世界の60~80パーセントに成っているのに、日本の年寄りは何を考えて居るのか、年金問題、少子化、問題、30年前の年金制度の何処に悪いところが有ったのか、その制度が実行できなく成った。如何してか、政治家と役人がジャブジャブ金をつかったからだろう、少子化と言うが、私の孫が2歳4歳といるが4年前妊婦の都立病院の毎月の費用が900円前後、2年前毎月の費用9000円前後、年寄りの(66才)私が送り迎えし、支払いしたから言える事、貧乏人は子供を作るな、石原都知事に投票した私であるが,年よりは言う事と、やる事、が違い過ぎる、この20年間60代以上の年寄りが駄目にして来て、この国(日本)の没落をみずに、死にたい、と思っていたが、去年のプロ野球の問題、楽天では救えない、ちなみに若者の野球の審判をしています。13億人の競争の中国の若者に負けるな、審判の諺に勇気をもってミスジャッジをしろ、堀江さん(ホリエモン)年寄りの常識に勇気を持って、ミスジャッジしろ、そして長生きさせてくれ。日本の例外(マスコミ)は世界の非常識、頑張れライブドア

投稿: 岡島安男 | 2005.03.07 09:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀江社長は人としてどうなのか:

» 『企業は誰のもの・・・?/堀江流にNO!ニッポン放送社員が声明』 [さにぼー@のほほんblog]
◆ニッポン放送の経営権をめぐるフジテレビとライブドアの争奪戦に関し、ニッポン放送は3日、「社員一同」との署名で「フジサンケイグループに残るという現経営陣の意思に... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 08:48

» 勝てば官軍。 [ひま人の風]
ひょっとして全ての争い事に当てはまってしまう、すごい格言なのではないでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2005.03.07 09:47

» 堀江社長(ライブドア)! [知って得する!トリビアの泉!]
 ライブドアのホリエモンが、メディアがネットに、統一されると発言をしたことから、新聞社や、テレビ局が騒がしいが、私は今でも、インターネット、オンリーの世界やから... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 11:22

» 【ライブドア関連】DearMr.GreenPig [さいたまblog]
ジャニス・イアンの「ラブ・イズ・ブラインド」を知ったのは小学生の時だ。布団にくるまりながら、ラジオの向こう側でこの曲について訥々と語る彼の声に抱いた言い知れぬ心... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 17:42

» 【報道】堀江社長 前妻と長男の存在 [芸能裏モノNEWS]
堀江社長 前妻と長男の存在 ひょっとしたら、これが致命傷になるかもしれない。 ニッポン放送株の買い占めをめぐり、ここにきてフジサンケイグループに徹底... [続きを読む]

受信: 2005.03.08 20:24

» ゲーム脳とフジテレビ問題 [横浜よろず研究所]
神奈川県が凶暴なゲームを有害図書扱いに条例で決めました。どこで凶暴性の線引きをするのは謎なんですが、近頃の少年犯罪報道で”「ゲーム脳」になると現実とバーチャルの [続きを読む]

受信: 2005.03.15 17:27

« TVチューナーにがっかり | トップページ | LOVE IS EVERYTHING »