« 堀江社長=織田信長説 | トップページ | インターネットが普及して »

栄養ドリンク考

 栄養ドリンク。これほどまでに「ピンキリ」のある世界もない。

 自分の場合、「具合が悪いなあ」と思っても、500円以上のドリンクはまず手を出さない。そんな余裕があるなら病院に行く。

 病院に行くほどでもないが、風邪をひきそうな時には「グロンサン強力内服液」を風邪薬とともに飲む。これは、まあまあ効く。(のどが完全に腫れていたらもう手遅れだが)
 安ければ10本1000円程度で購入できるので、まとめ買いしてある。

 出張前にうっかり風邪をひいてしまい、その状態で行ったことがあるが、このときはコンビニで売られている「リポビタン8II」に厄介になった。300円程度で少し高いが、これも即効性はあった。「8II」はリポビタンシリーズ内でも新顔に当たるようで、まとめ売りはあまりされていないようである。残念。

 問題は、100円程度のドリンクである。安売りの際は10本500円程度でたたき売られることもあるが、これは完全に気休め。ソフトドリンク感覚だ。
 効く人には効くのかもしれないが、個人的には効果を実感するのは飲んだ直後だけ。甘さで元気になった気になるのだ。糖が脳を活性化させているのだろう。それ以上の効果は期待していない。

 といいながら、その価格帯のドリンクも買いだめしてしまう自分がいるのだが…

|

« 堀江社長=織田信長説 | トップページ | インターネットが普及して »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/3118701

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養ドリンク考:

» 製薬業界の奇妙な伝説が政財界に加速中! [横浜よろず研究所]
私が学生だったころには市販薬に妙な噂があった。今は銀行並みの再編、外資入りまくりの製薬業界だし、消費文化も当時よりはるかに多様化して、もちろん例外製品もいくらで [続きを読む]

受信: 2005.03.18 00:33

« 堀江社長=織田信長説 | トップページ | インターネットが普及して »