« 産経、東北の地方版を統合 | トップページ | また堀江ばなし »

コーヒーと肝臓

 コーヒーを毎日飲む人は肝臓がんになりにくいのではないか、という報告が厚生労働省から出た。

 日頃アルコールで肝臓をいじめている身としては、ありがたい話である。コーヒーも大好きだし。

 統計上では、5杯も飲んでいる人はかなり肝臓がんになる可能性が低いとのこと。「杯」の単位がよくわからないが、カップにも、ティーカップから、アメリカ人が使ってるようなばかでかいマグカップまでいろいろある。

 ティーカップ単位なら1日に3~4杯飲んでいる自信(?)はある。

 この報告にはオチもあって、「肝臓に疾患のある人はコーヒーも飲まなくなることが多いので、結果的にコーヒーをよく飲む人が肝臓がんにかかりにくいように見えているだけではないか」という。

 以前は「体に悪い」というイメージの強かったコーヒーも、最近はいろいろと滋養があることが分かってきた。もし肝臓にも効くんならこれはうれしい話。

 コーヒーが肝臓の救世主となるか、あるいは狂言回しになるか。ウコン茶は高いし服に付くと大変なので、コーヒーの効果をちゃんと調べてくださいな。

|

« 産経、東北の地方版を統合 | トップページ | また堀江ばなし »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/2968832

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーと肝臓:

» コーヒーはガンを抑える!? [楽天・amazon何するものぞ 我々にはstore-mixがある]
2月17日読売新聞の記事です。コーヒーを毎日飲む人は、飲まない人に比べて肝臓がんの発症率が半減するそうです。 でも、だからと言ってコーヒーを飲みすぎると胃... [続きを読む]

受信: 2005.02.20 14:04

« 産経、東北の地方版を統合 | トップページ | また堀江ばなし »