« 寒い! | トップページ | Macユーザーの法則 »

文明批判

 NHKの深夜番組で、「東京の山賊」という1970年のドラマが放送された。ドラマといってもアニメーションと組み合わせた、当時としては画期的な作品であった。

 脚本は今見ると稚拙きわまりないのだが、キャストが凄い。主要登場人物が関口宏(当時26歳)、なべおさみ、由美かおる。さらに谷幹一、ジェリー藤尾、中尾ミエなどそうそうたるメンバーが出演。あの小沢昭一も、巫女役でキレた役どころを怪演。

 制作者は永六輔。六ちゃんお得意の「文明批判」が全体テーマとなっている。

 10数名の山賊が、文明にまみれた東京をパニックに陥れるのだが、その山賊のアニメーションが、実写映像と組み合わされている。この動きがまたいい! 当時のアニメ技術の粋を集めたと思って間違いない。アニメ部分は虫プロが手がけている。

 音楽は六ちゃんの盟友・中村八大。映像にマッチした、緻密な仕事をみせる。

 豪華なキャストとスタッフで作られた30分の作品。34年の時を経て再び画面に登場したわけだが、コンピューター時代のいまでも見応えのある作品であった。

 まあ永六輔という人間はあまり好きではないのだが、こういう優れた作品は、六ちゃんでなければ作れなかったであろう。

 この「文明批判」の作品が六ちゃんの大嫌いな「デジタル」で復活したというのも、皮肉な話である。作品自体だって、当時の技術の最先端で作られているわけだしねぇ。

 六ちゃん、「夢であいましょう」の自慢話もいいけど、後ろ向きもほどほどにね。

|

« 寒い! | トップページ | Macユーザーの法則 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/1646715

この記事へのトラックバック一覧です: 文明批判:

« 寒い! | トップページ | Macユーザーの法則 »