« 盛岡大学付属高校 | トップページ | 秋近し »

仙台に熊が出た、でも…

東北を代表する都市・仙台市。
その仙台市で、熊が公園に出没し、立ち入り禁止の措置がとられたという。
http://www.zakzak.co.jp/top/2004_08/t2004080707.html

やはり東北はケモノのワンダーランドなのである。
「熊が出る100万都市」があるのだから。

今回熊が出たのは、仙台駅から5キロ離れた「青葉山」の公園である。
仙台市内といっても郊外だ。

仙台という街、行ってみれば分かるが、「杜の都」というだけあり、
緑に囲まれている。森の中に、100万都市が埋まっている格好だ。

そもそも、仙台という街が巨大化していったのは、
「まわりの市町村を吸収しつづけた」からである。
どうみたって「ナントカ村」にしか見えない、
熊の出るような山も仙台市になったのだ。

市町村統合が相次いでいる。
人口さえ多ければ「市」になれるため、「市」になるケースも多かろう。
今後も、「市」とは名ばかりのド田舎自治体が増殖するだろう。
市役所の前に熊が出たりして。

|

« 盛岡大学付属高校 | トップページ | 秋近し »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/1144790

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台に熊が出た、でも…:

« 盛岡大学付属高校 | トップページ | 秋近し »