« 異常なる音楽評論シリーズ3・ルパン三世1978ミュージックファイル | トップページ | 3分クッキング »

ぶっちゃけ皇太子

皇太子の例の発言から一ヶ月。
肝心の本人は出てこないが、文書では改めて
自分と妻(雅子妃)への冷遇について憂慮を示している。

「象徴であるところの天皇ご一家はお上品につとめるべし」という風潮を
突きやぶって一発ぶちかました皇太子の男気に拍手は送りたいが、
マスコミは皇室批判をしたくないからか論調が皆同じ、「皇太子スゴイよ」ばかり。

テレビでは司会もコメンテーターも
「宮内庁けしからん」「役人に何が分かる」のオンパレードで
皇太子側の「言ったモン勝ち」状態。

しかし、今朝の「やじうまプラス」(テレビ朝日系)では
財部誠一が、海外の口さのない報道に同調しており、「珍しいな」と思った。
彼も日本のマスコミのワンパターンぶりにあきれていたと見える。

マスコミは、皇太子の「雅子の人格を否定する動き」発言を受けて
「宮内庁の役人ども」に焦点を当てているが、
皇太子発言は、ややもすれば「お世継ぎ問題」を興味本位で取り上げがちな
マスコミにこそ向けられたものではないのか。
宮内庁ばかりが悪者じゃなかろう。

皇太子も、「日本のマスコミは味方だ」なんて思わないでほしいものだが、
我々庶民には、そのマスコミのバイアスがかかった報道しか伝わらないのが残念である。

「俺たちにも働かせろよ」と役人に詰め寄るくらいの気概があってもいい。
「うちらはパンダじゃないんだ」とマスコミに怒りをぶつける元気があってもいい。
「女性天皇でいいじゃんかよ」と国民に胸を張る心構えがあってもいい。

日本の象徴として、もっとけっぱれ皇太子。

|

« 異常なる音楽評論シリーズ3・ルパン三世1978ミュージックファイル | トップページ | 3分クッキング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

身近になることはよいことですね。
でも、週刊誌なんかは「浩宮」と呼び捨てですもんねェ。
まあ、コンピューター時代(死語?)に現人神様もないでしょうし。
昭和天皇の隣で腰に手を当てて写真に収まったマッカーサー元帥は
「こんなちっちゃいオッサンが神様ねぇ…」と思ったことでしょう。
それから60年近くが経つわけですが、やっぱり時代は流れております。

投稿: たかはし | 2004.06.13 11:44

皇室関連の話題に関しては、僕は恥ずかしながら確固たる意見もってないんで言及できませんが、上の娘(3才9ヶ月)は愛子様をテレビで見て「愛子ちゃん」、雅子様を「愛子ちゃんのお母さん」と言っています。それでいいんじゃないかと思います、開かれた皇室ってのは。

投稿: 101 | 2004.06.11 17:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶっちゃけ皇太子:

« 異常なる音楽評論シリーズ3・ルパン三世1978ミュージックファイル | トップページ | 3分クッキング »