« 昔ながらの | トップページ | 一円単位 »

人が殺される瞬間

 イラクの過激派がアメリカ人の首をはねる映像が話題になっている。ネット上で公開されたものだそうで、すぐにテレビでも放映された。
 顔を覆面で隠したイラク人4人が立ち並ぶその前には、うつろな表情のアメリカ人男性が座らされている。イラク人たちは自分たちの主張を声高に叫んでいる。
 もちろん、テレビではその場面しか放映されていない。この映像の「核」である殺人の瞬間は一切流されない。

 あえて見たくはない映像だと思う。
 意気揚々と神の名の下の殺人を宣言したイラク人が刀を振り下ろすと、首がいとも簡単にすっぱりと頸部から取れ、赤い血液が飛び散る。言絶える瞬間の表情を残したアメリカ人の首を持ち上げ、イラク人が神への賛美を叫ぶ。首から血が水しぶきのようにしたたり落ちる…報道からなんとなく映像のようすは想像できる。

 こういう映像を好む「好き者」は意外と多い。おそらくコピーがコピーを呼んでいろんなサーバにおさめられているはず。当然ローカルのハードディスクに記録した者も、世界中にいるだろう。
 だからこの映像を探そうと思えば、案外簡単に見つかるはずだ。それこそ○ちゃん○るのナントカ板とかに行けば、好き者がURLを教えてくれていることだろう。

 いずれにせよ、見たくない。人が「殺される」瞬間は。

 年金未納問題もそうだが、マスコミが連日報道すると慣れっこになってしまう。アメリカイラク問題(っていうのか?)のニュースに、飽き飽きしている人たちも多いのではなかろうか。「いつまでやってんだ」と。ブッシュが戦争の終結を宣言したのは、もう1年も前の話だというのに。戦争は終わったどころか、なんだか地味に長続きしているではないか。

 米軍によるイラク人虐待が呼んだ今回の公開殺人。火種はもとをただせば「911」になるんだろうが、テロや戦争は何のために繰り返されるのだろうか。
 人が殺される瞬間を見て悦楽にひたるのは、それに加担するに等しい行為ではないか。

|

« 昔ながらの | トップページ | 一円単位 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

神の名の下なら殺人でも赦されてしまう…日本人からすれば恐ろしいことですが、かの国では当然のことなのかもしれません。
しかし、同じことは数十年前の日本でも行われていたことを、忘れてはいけませんね。

投稿: たかはし | 2004.05.15 17:44

どんな理由があるにせよ、人を殺す場面なんて絶対に見たくありません。それを許す信仰なんて認めたくありません。…というよりも、「神」という存在を利用しているに過ぎないのだと思います。もっと淵源は為政者(黒幕)が彼らを使って行わせているのでは・・・?どんなことでもやってしまう「人間」て怖いです。

投稿: kuro-mama | 2004.05.14 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/592276

この記事へのトラックバック一覧です: 人が殺される瞬間:

« 昔ながらの | トップページ | 一円単位 »